不動産投資ノウハウ

失敗しない不動産投資のために

リスクはゼロではありません

リスク不動産投資は株やFXをはじめとした高リスクな投資商品と比較すると失敗するリスクは少ないと言われていますが、確実に失敗しないわけではありません。
実際にバブル期には不動産投資に失敗をして人生が大きく変わった人も続出したことから、決して楽観視してはいけないものです。
失敗しない不動産投資のために必要なことは、100%成功するものだと簡単に考えるのではなく、過去の失敗事例を参考にしながら自分は間違いなく成功できるようにしようと考えることです。

例えばバブル期の不動産投資は、高く売れそうな不動産を購入して購入した金額よりも高く売ることで利益を得るというスタイルが一般的でした。
動くお金も大きかったため、一攫千金的な利益を得る方も多く笑いが止まらないという時代を過ごしてきた方も多かったです。
しかし、バブル経済が終焉を迎えた途端に高騰していた不動産は一気に値崩れを起こし、利益を見込んで購入していた不動産の価値が大幅に下がって大損失をする人が続出しました。

このような失敗を活かし、現在では不動産を売買するよりも賃貸で家賃収入を得ることで少しずつでも確実に収益得るというスタイルが一般的になっています。
もちろん現在でも失敗する事も珍しくないため、どのような不動産投資を行うのかをしっかり見極めることが大切なのです。

楽に儲かるものではありません

不動産投資なんて誰でも簡単に儲けることができるものだと軽く考えている方も多いようです。
実際に不動産投資で成功を収めている人の話を聞いていると、何だそんなに簡単なことなのかと思えてしまうのも当然でしょうが、成功している方のほとんどは不動産投資についてしっかり勉強をしている方ばかりです。
そう簡単にお金を手に入れるなんてウマい話が転がっているなら、世の中の皆が不動産投資を行っているはずです。
不動産投資は初期費用としてまとまったお金が必要ですし、売却にも仲介手数料や譲渡所得税など様々な経費がかかります。
参考:不動産売却時にかかる費用にはどんなものがある?
これらの大金をかけて不動産を購入しても、長期間入居者が見つからなかったり、不動産が値崩れする可能性もあります。
それなりにリスクがあることを覚悟し、どうしたら成功できるだろうと色々な情報をかき集めながら自分なりに分析を重ねた結果、ようやく成功を収めることができるものだと考えてください。

目的を考えてみましょう

必ず不動産投資を成功させるためには、ただやみくもに不動産を購入して入居者を募集したら良いというものではありません。
老後は年金だけでは不安なので安定した収入を得たいという場合や、妻や子供のために資産として残してあげたいという場合などの目的に応じて最適な不動産を探すことが大切です。
もちろん、入居者が存在しなければ家賃収入を確保することもできないので、空き室が発生しないような管理の仕方や立地条件を考えることも大切です。
どうしても素人の考え方だけでは判断しきれない部分も多いため、あらかじめ不動産投資に詳しい専門家にアドバイスを求めることもおすすめです。